マンション管理組合に理念(ミッション)を作る(3)

Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Pocket

居住するマンションで理事長に就任し、まず私が最初にしたこと。   それは、マンション管理組合全員が共有できるミッションを作成したことであることを述べました。   「みんなで、私たちのマンションの価値を上げよう!」   このミッションに記載したワード一つ一つに、意味があることも、共有しました。    

 

3つのマンションソフト価値向上のポイント

まず、「価値」についてですが、私の意図したことは、確かに、再販価格もありますが、次に並べた、三つを兼ね備えることで、「価値」が上がる、ということでした。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

それでは、価値ってなんでしょう?それは・・・  

  1. 快適な暮らしを維持する。
  2. 活発な地域活動をする。
  3. 安心・安全な暮らしを作る。

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

この3つに、マンション管理組合における活動、および、理事会の活動のほとんどが含まれるようにしています。  

  1. 快適な暮らし   快適な暮らしを継続するうえで、一つ目に、資産を守ることが必要です。   つまりは、マンション共用部分での修繕をきめ細やかに行うことを求めました。   二つ目に、生活するうえでの決まりを守ることになります。   マンションは、一つ(あるいは、団地型であれば複数)の建物の中に、複数の区分所有者が存在する建物であることは、ご承知のとおりです。そこでは、専有部分とともに、共用部分があり、マンションでの生活は、「共同の利益」を優先することが求められます。   例えば、管理費の滞納や、迷惑行為は、この「共同の利益」に反する行為となります。   マンション居住者の快適な暮らしを守るための義務として、掲げました。
  2.  

  3. 活発な地域活動   マンションによって、夏祭りやクリスマスなど、イベントを催すところも多いでしょう。   これらのイベントは、居住者同士のコミュニケーションを促進するとともに、一つのマンションとしての一体感を持つ意義があります。   また、この活発な地域活動に、マンション管理組合の最高意思決定機関である「総会」における出席率向上の意図を持たせました。   管理組合の構成員が、主体的に、マンションの管理運営に参加することが非常に大事であるとのメッセージを含めています。
  4.  

  5. 安心、安全な暮らしを作る。   住民同士の助け合いの重要性が、東日本大震災において、注目されました。   近隣住民との密接な関係性を持つマンションこそ、防災意識が大いに役立つことと考えています。   例えば、私の居住するマンションでは、災害が起きた際に災害対策本部を立ち上げ、速やかに、情報共有をする体制を整えようとしています。   これら防災体制は、安心、安全な地域コミュニティを作るうえで欠かせないことであり、継続して、体制構築の強化を図ることを目指すことを、目標として掲げています。

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  アゴリア㈱ TGK本部 エバンジェリスト

*TGKとは、「地域コミュニティを元気に変える」の略称です。