マンション管理組合の運営に参加する。理事会活動こそ「自己実現」の場所のひとつ(1)

Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Pocket

私たちは、マンションに居住する方の一人でも多くの方が、もっと積極的に管理組合に携わり、できれば理事会メンバーとして、地域に貢献することの「楽しみ」を感じていただきたいと思っています。  

私が、自分の住むマンションで理事長に就任したばかりのころのことです。   同じマンションに住む方の一言に、とても感銘を受けた経験があります。その方は、新築当初から10年近く、マンション内のコミュニティクラブや自治会で、常に中心的な立場でリードしている方でした。  

 

マンション管理組合の運営を楽しむという感覚

その方に、私は、直球で、次のような質問をしました。  

「お仕事も忙しいのに、なぜ、そこまで長く、自分の貴重な時間を、ボランティアで、マンションの活動に費やすことができるのですか?」  

回答は、一言です。  

「それは、楽しいからです。やっている本人が楽しくないと、長続きしませんよ。」

私は、その一言に刺激を受けると同時に、この「楽しい」という気持ちについて、深く考えてみる必要があると思いました。  

 

理事会運営で生まれる[新しい出会いや充実感]が楽しいへ、自己実現へ。

なぜ、この方は、多忙な毎日の中で、地域に尽くす事に、「楽しみ」を感じるのでしょうか?  

私たちは、仕事を離れた場所で、ボランティアで地域コミュニティに、主体的に尽くすことが、個人の「自己実現」に繋がる、との結論を持ちました。   特に、ボランティア精神という敷居の高いことを考える必要はありません。   やっている本人が、充実感や達成感があり、仲間ができて、「楽しい」と感じることが大切です。それが、ひいては、「自己実現」になるわけです。 

マンションにお住いの一人でも多くの方が、マンション内のイベントやボランティア、理事会に参加し、是非、人生に彩りを加えていただきたい。  私たちは、 そう願っています。

 

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アゴリア㈱ TGK本部 エバンジェリスト

*TGKとは、「地域コミュニティを元気に変える」の略称です。